このページの先頭です

会社情報COMPANY

ここから本文です

ご挨拶

情熱を技術に変える

クロイ電機は創業以来、60年以上にわたり、“人の役に立つものづくり“の精神で新しい商品を開発し続けて参りました。創業当時は白熱電球から蛍光灯への転換期で、過酷な海の環境に耐える防水ソケットを発明し、これを搭載した船舶用蛍光灯器具がクロイ電機の創業の商品です。また現代は、蛍光灯からLED照明へと技術革新の時代であり、ノーベル物理学賞を受賞された中村修二氏らの発明による青色LEDを利用して、様々な環境下で使われる白色LED照明商品を世に送り出し、日本の省エネルギー政策に多大に貢献して参りました。このように今後も新しい技術を意欲的に吸収し、ひとりでも多くの”人“の役に立てるよう努力を重ねて参ります。
1952年の創業以来、クロイ電機は創意工夫と不断の努力により、開発重視のベンチャー企業として市場を席巻した数多くの新商品を世に出してきました。京都の地にあって、伝統工芸をとり入れた、デザイン性の高い泡入ガラスのLED照明器具や、先端的なソフト&回路設計技術を採用した電子機器を開発し、「ヒューマンエレクトロニクス&ライティング」の企業スローガンを追及して参りました。
お客様のご要望にあわせて、デザインから最終完成品を創り上げるまでの一連の能力を有し、開発と製造の一体体制によってスピーディ・低コスト・高品質商品を作り上げる力量が私たちのコアコンピタンスです。環境負荷を減らすことが重要な時代にあって、照明事業で培った省エネ・省資源技術を他の事業分野にも応用展開する事に取り組んでいます。
人々の暮らしがより快適なものになるように、開発と製造の技術力をさらに高め、お客様の心を明るく照らす商品を提案することが私たちの使命です。

代表取締役社長黒井  武弘